2月, 2011

now browsing by month

 
Posted by: | Posted on: 2月 16, 2011

サイエンスカフェ 環境と文明シリーズ第3回「われわれはどう生きるのか」のお知らせ

地球温暖化や世界的な異常気象など頻発する昨今、これからを生きる子どもたちに、大人としてどんな環境を手渡せるのか、今を生きる大人として出来ることは何か、根本解決につながる行動が待たれています。

人は地球上で最も知能が発達している生き物のはずですが、なぜその人間が自らの生存を根底から脅かすような事態をひきおこすのでしょう。

講師の荒田鉄二氏は、環境政策の支援研究の傍ら、地球という自然環境に対する文明(人為)について長年にわたって研究されてきました。

今回は三回にわたって、環境の観点から人間の特性、文明とは何か、そして環境問題の今後についてお話をしていただき、これからどうサバイバルするか、具体的に生きる道を私たちの足元から回復していく、その道筋をご一緒に見出したいと思います。どうぞご参集ください。

  • 日 時:2011年3月5日(土)PM7:00~9:30
  • 会 場:鈴鹿カルチャーステーション (鈴鹿市阿古曽町14-28)
  • 申し込み・問い合せ先:TEL&FAX 059-389-6603 eメール scsoffice [at] scs-3.org ([at]部分をアットマークに置き換えてください) HP:http://www.scs-3.org
  • 参加費:1000円(ドリンク付)
  • 主 催:NPO法人 鈴鹿循環共生パーティー ・ NPO法人 循環共生社会システム研究所・一般社団法人 鈴鹿カルチャーステーション

サイエンスカフェ(Science Cafe)は、1997年から1998年にかけて、英国とフランスで同時発生的に行われたのが起源とされる。パリで数年前に始まった哲学カフェにヒントを得て、科学技術の分野で従来から行われてきた講演会・シンポジウムとは異なり、科学の専門家と一般の人たちが、喫茶店など身近な場所で寛いだ雰囲気の中、科学について気軽に語り合う場をつくろうという試みです。

Posted by: | Posted on: 2月 6, 2011

第2回 森と仲良し 里山クラブ 「森で炭焼き体験!」 のお知らせ

★ チラシ(PDF)はこちらからどうぞ ★

早春の森で炭焼き体験!

地面に穴を掘って伏せ焼き法にチャレンジ

クヌギ炭はうまく出来るかな?

会場となっている徳居町の里山地域は、鈴鹿市指定の重要生態系地域です。

平成16~18年度にかけて鈴鹿市が行った専門家による自然環境調査の結果、希少な生物が確認され、かつて人と動植物が共生していた『里山』の姿が残る地域であるとして、重要生態系地域に選定されています。

参加対象:小学生以上大人まで 親子参加も出来ます。
スケジュール:
3月6日(日)
10時00分~ 鈴鹿カルチャーステーション集合,移動
10時30分~ 里山で、炭材ならべをしよう(炭は翌日できあがります)
11時40分~ 移動
12時00分  鈴鹿カルチャーステーションにて解散,午後も残りたい人は申し込んでください
参加費:500円
持ち物:綿手(軍手)
ガイド:高崎広(たかさきひろし)さん
人と自然の新しい繋がり方を考え、現代的里山の再生を目指す、森のプロフェッショナル。
主催:一般社団法人 鈴鹿カルチャーステーション(SCS)
共催:特定非営利活動法人 鈴鹿循環共生パーティー(SJP),特定非営利活動法人 循環共生社会システム研究所(KIESS)

今後の予定:
第3回 3月21日(月) キノコを植えよう!

Posted by: | Posted on: 2月 1, 2011

サイエンスカフェ 環境と文明シリーズ第2回「文明と自然環境」のお知らせ

地球温暖化や世界的な異常気象など頻発する昨今、これからを生きる子どもたちに、大人としてどんな環境を手渡せるのか、今を生きる大人として出来ることは何か、根本解決につながる行動が待たれています。

人は地球上で最も知能が発達している生き物のはずですが、なぜその人間が自らの生存を根底から脅かすような事態をひきおこすのでしょう。

講師の荒田鉄二氏は、環境政策の支援研究の傍ら、地球という自然環境に対する文明(人為)について長年にわたって研究されてきました。

今回は三回にわたって、環境の観点から人間の特性、文明とは何か、そして環境問題の今後についてお話をしていただき、これからどうサバイバルするか、具体的に生きる道を私たちの足元から回復していく、その道筋をご一緒に見出したいと思います。どうぞご参集ください。

  • 日 時:2011年2月13日(日)AM10:00~12:30
  • 会 場:鈴鹿カルチャーステーション (鈴鹿市阿古曽町14-28)
  • 申し込み・問い合せ先:TEL&FAX 059-389-6603 eメール scsoffice [at] scs-3.org ([at]部分をアットマークに置き換えてください) HP:http://www.scs-3.org
  • 参加費:1000円(ドリンク付)
  • 主 催:NPO法人 鈴鹿循環共生パーティー ・ NPO法人 循環共生社会システム研究所・一般社団法人 鈴鹿カルチャーステーション

サイエンスカフェ(Science Cafe)は、1997年から1998年にかけて、英国とフランスで同時発生的に行われたのが起源とされる。パリで数年前に始まった哲学カフェにヒントを得て、科学技術の分野で従来から行われてきた講演会・シンポジウムとは異なり、科学の専門家と一般の人たちが、喫茶店など身近な場所で寛いだ雰囲気の中、科学について気軽に語り合う場をつくろうという試みです。

Posted by: | Posted on: 2月 1, 2011

第1回 森と仲良し 里山クラブ 「図鑑を持って森へ行こう!」 のお知らせ

チラシはこちらからどうぞ

今ほど森が普段の暮らしから遠くなっている時代も
なかったことでしょう。
みなさん、冬の森って知っていますか?
そこにはどんな木が生えているのかな?
どのくらい落ち葉が積もっているかな?
木々の枝には葉っぱがある?ない?
鳥や動物や虫たちはどうしているだろう。
見つけられるかな?
山菜はまだ土のなかかな?
たきびにあたって体を温めながら、
図鑑片手に森を歩いてみよう。
会場となっている徳居町の里山地域は、
鈴鹿市指定の重要生態系地域です。

平成16~18年度にかけて鈴鹿市が行った専門家による自然環境調査の結果,
希少な生物が確認され,かつて人と動植物が共生していた『里山』の姿が残る地域であるとして,重要生態系地域に選定されています。

参加対象:小学生以上大人まで 親子参加も出来ます。
2月11日(金・祭日)
スケジュール
 朝10時~ 鈴鹿カルチャーステーション 集合
      移動
 10時30分~ 森を散歩 ガイドの高崎さんと植生調査
 11時40分 移動
 12時00分 鈴鹿カルチャーステーションにて解散。

参加費 500円
ガイド 高崎広(たかさきひろし)さん
人と自然の新しい繋がり方を考え、現代的里山の再生を目指す、森のプロフェッショナル。

主催 一般社団法人 鈴鹿カルチャーステーション(SCS)
共催 特定非営利活動法人 鈴鹿循環共生パーティー(SJP),特定非営利活動法人 循環共生社会システム研究所(KIESS)
今後の予定
第2回 3月6日(日)  ドラム缶で炭焼き体験!
第3回 3月21日(月) キノコを植えよう。