NEWS

now browsing by category

 
Posted by: | Posted on: 8月 5, 2016

未来の里山プロジェクトTV放映

7月17日の三重TV「ゲンキ! みえ! 生き活きレポート」という番組に

「未来の里山プロジェクト」が放送されました。

Posted by: | Posted on: 7月 16, 2016

「未来の里山プロジェクト」がTV放映

「未来の里山プロジェクト」の活動が

7月17日(日)18:15~18:29三重テレビで放映されます!

 

2016-6-9-2

 

Posted by: | Posted on: 5月 23, 2016

「お金のいらない国」落語会、満員御礼!

昨年に続いて2回目の「お金のいらない国」落語会が5月15日開催されました。
今回も大入り満員の大盛況で、笑いあり、涙ありの素晴らしい会でした。

DSC_0112

落語の後には、それぞれグループになって、
もしお金のいらない国で自分が暮らしてみたら「何したいのか」とか、
「困ったりすることがあるのか」ということをテーマに話し合ってもらったのですが、これがまた皆さんとても楽しそう!
なんて言っても想像はいくらしてもタダだしね(笑)

13240555_1048414001904471_259828827541880295_n
そんな様子をカメラマンの岩田さんがレポートしてくれましたので、ぜひご覧ください。

こちらをクリック→ http://www.scs-3.org/news/2016/0515.html

Posted by: | Posted on: 12月 3, 2015

「コナラ伐倒隊」を結成

未来の里山プロジェクト

鈴鹿地域の「コナラ伐倒隊」を結成。
地元紙で紹介されました。

炭の材料を確保と森林環境保全のための無料で出張整備を行っています。
早速、依頼があったそうです。

コナラ伐採隊IMG_6101

 

Posted by: | Posted on: 9月 2, 2015

やさしい社会フォーラム2015

11996904_823450831108808_6001208801255615761_n

「自分達で創る自分達の持続可能な社会」

環境先進国ドイツでは、昔から自分たちで街づくりをすることが活発に行われています。
日本でもエネルギーや食糧等を地域で生み出し、広くネットワークをしようという動きが始まりました。
大きな転機を迎えた私たちの暮らしを、今足元から見つめ直すことが必要ではないでしょうか。
そして自分たちで新しい持続可能な社会を産み出していきませんか。

会 場: 鈴鹿カルチャーステーション
三重県鈴鹿市阿古曽町14-28  ℡059-389-6603
参加費: 1500円
2015年10月18日(日)14:00~17:00  Read More …

Posted by: | Posted on: 3月 12, 2014

アズワンコミュニティ鈴鹿スタディツアーのお知らせ

suzuka1405_1 suzuka1405_2

(画像クリックでパンフ拡大)

 「やさしい社会フォーラム2014」と同じ日に、アズワンコミュニティの人たちとその活動に触れることができるスタディツアーを開催します。

新しいコミュニティづくりに挑戦し続けるアズワンコミュニティ鈴鹿を舞台に、私たちが向かうべき平和で豊かな未来̶持続可能な社会について一緒に考えてみませんか?

 

日 時:2014年5月17日(土)13:00 開始 ~ 5月18日(日)15:30 解散(1泊2日)

参加費:11,000 円
(食事宿泊代・フォーラム参加費込)

申込み:NPO 法人 鈴鹿循環共生パーティーまで
(TEL:059-389-6603(SCS代表),メール:info ※ suzuka-jp.org)

Posted by: | Posted on: 3月 12, 2014

やさしい社会フォーラム2014「コミュニティから展がる持続可能な社会」

suzuka1405_1 suzuka1405_2

(画像クリックでパンフ拡大)

 ドイツでは伝統的に自分たちが街づくりの担い手、という気風があり、いまドイツからはじまってヨーロッパ各地で、エネルギーや食糧などを地域で生み出し、さらに各地どうし広くネットワークしながら活かし合う、そんな動きが始まっています。

ダイナミックで元気の出る二人の講師のメッセージに触れて、私たちもの足元に持続可能な社会を生み出していきませんか?

 

日 時:2014年5月17日(土) 14:00 ~ 16:00

講 師:
エクハルト・ハーン(ドルトムント大学教授)
「環境先進国ドイツに学ぶ話し合いからのまち・むらづくり」

内藤 正明(NPO法人循環共生社会システム研究所 代表理事・京都大学名誉教授)
「持続可能社会はコミュニティづくりから」

会 場:鈴鹿カルチャーステーション(三重県鈴鹿市阿古曽町14-28)

参加費:1,000 円

申込み:NPO法人 鈴鹿循環共生パーティーまで
(TEL:059-389-6603(SCS代表),メール:info ※ suzuka-jp.org)

Posted by: | Posted on: 8月 19, 2013

鈴亀ホームニュースに掲載されました

130810_suzukame

8月10日の中日新聞「鈴亀ホームニュース」で、7月21日の炭焼窯まつりの様子が掲載されました(画像クリックでPDFが開きます)。

Posted by: | Posted on: 8月 12, 2013

窯閉じ、終了!!

130812_1

窯の温度278度。窯閉じ終了です(初窯は早めに閉じた方がいいらしいです)。

 

130812_2

排気口を念入りに閉じます。絶対に空気が入らないように。

Posted by: | Posted on: 8月 11, 2013

煙が…

130811

窯の温度は250度を超え、煙が青みがかってきました(写真じゃちょっとわかりにくいですが)。